食事は大切、ダイエット用の食事とは

冷たい物より温かい物

ダイエットにとってよい食事とは、体を温める食べ物を食べる事です。体が冷えると基礎代謝が低下しやすくなります。同じカロリーを摂取していても、基礎代謝が低いと消費カロリーが少なくなるため、その分太りやすくなるのです。
体を温める食べ物は、鶏肉やラム肉、カボチャやサツマイモなどの根菜類があります。また、ネギやショウガなどの薬味も体を温めるのに効果的な食べ物です。基本的に、冬が旬の野菜は体を温める作用があります。逆に、トマトやキュウリなどの夏が旬の野菜は体が冷えやすくなるため食べ過ぎには注意してください。フルーツはビタミンが豊富でダイエットによい食べ物ではありますが、体が冷えやすいです。そのため、温かい飲み物と一緒に食べるのが好ましいでしょう。

肉や魚などのタンパク質が含まれている物

ダイエット用の食事というと、とにかく野菜やフルーツなどをたくさん食べて、カロリーを抑えようと考える人が少なくないでしょう。もちろん、摂取カロリーを控える事は大切です。しかし、それだけでは栄養が偏ってしまい、かえって太りやすい体になってしまいます。痩せやすい体作りには、タンパク質が欠かせません。なぜなら、タンパク質は筋肉の元になる栄養素だからです。筋肉がつくと基礎代謝がアップし、同じカロリーを摂取しても太りにくくなります。
肉は肉でも、脂身の少ない赤身肉がダイエット用の食事には合っています。脂身の多い肉に比べるとカロリーが少なく、タンパク質が多いためダイエットによい食べ物だといえるでしょう。魚や卵、大豆製品などもタンパク質が豊富に含まれているため、これらの食べ物も一緒に食べるとよいです。

© Copyright Enzymes Drink. All Rights Reserved.